◯◯窯(サンプル)

1968年に読谷村で佐藤州吉、佐藤美子と佐藤園を設立。その後、1990年に州吉の子、州が生まれ、2代目の誕生を機に佐藤窯(本家)に改名する。現在ではやちむんの里、国際通り、やちむん壺屋通りと3店舗で販売しており、賑わいを見せている。

佐藤窯(本家)の主力作品はやちむんでは珍しい唐草模様の湯呑みであり、外国人観光客に人気を博し、その販売数は年間3,000個以上だ。

サンプル画像1

1968年に読谷村で佐藤州吉、佐藤満子と佐藤園を設立。その後、1990年に州吉の子、州が生まれ、2代目の誕生を機に佐藤窯(本家)に改名する。現在ではやちむんの里、国際通り、やちむん壺屋通りと3店舗で販売しており、賑わいを見せている。

佐藤窯(本家)の主力作品はやちむんでは珍しい唐草模様の湯呑みであり、外国人観光客に人気を博し、その販売数は年間3,000個以上だ。

佐藤窯(本家)の主力作品はやちむんでは珍しい唐草模様の湯呑みであり、外国人観光客に人気を博し、その販売数は年間3,000個以上だ。