陶眞窯(とうしんがま)

壺屋焼窯元「陶眞窯」は、昭和50年に相馬正和氏が築いた読谷村にある壺屋窯元です。
可能な限り沖縄県産にこだわり、土や釉薬は昔ながらの方法・配合で手作りし壺屋焼き窯元としての伝統を大切にしたいというこだわりを持っています。

陶眞窯(直売店)

陶眞窯独特の絵付けは、赤絵や染付け、魚紋、イッチンなど勢いと繊細さをあわせ持つ大胆でシャープな作品に仕上げ、伝統を受け継ぎながらも、現代の生活に合った使いやすさにも配慮したものになるよう心がけているそうです。
陶眞窯の器は、毎日の暮しの中で実際に使うシーンをイメージしやすく見た目よりも軽く使いやすい器です。



読谷村にある工房には直営の販売所・陶芸体験・カフェもあり地元民から観光客まで人気を集め、カフェではシーサー石窯で焼いたピザをメインに陶眞窯で製作した器に盛り付けられたサラダ、ドリンク、デザートがを楽しむことができます。